驚異的な蜂

農薬

スズメバチで亡くなる方は多い

スズメ蜂に刺された場合、命にかかわる激しいアレルギー反応をアナフィラキシーショックといいます。このアレルギーでは、発汗、吐き気、頭痛、蕁麻疹などの全身的な症状が起こります。そして、次第に血圧が下降して死にいたります。スズメ蜂は、基本的に山林などの周りが自然に囲まれている環境で生息しています。ですが、昨今では住宅の植え込みや玄関の軒下などにも普通に巣を作っています。なので、自宅付近に見つけたら、すぐに蜂の巣を駆除したほうが良いです。

自分でスズメ蜂を駆除するための方法

スズメ蜂は、活動期でない場合、自分で巣の駆除をすることができます。そのスズメバチの駆除の方法は、まず蜂に刺されないように厚手の長袖シャツを着用します。その他にも、首にタオルを巻いたり、手袋、ヘルメットをかぶるなど体の露出部分を防ぎます。そして、薬局やホームセンターなどで販売されているスプレー式殺虫剤を用意します。そして、巣がある場所の風上に立って、市販のスプレー式殺虫剤を巣に向けて吹き付けていきます。スプレーを吹きつけるポイントは、巣の斜め下または横から吹き付けると効果的です。スプレーを吹きかけることで、巣の中にいる蜂は全滅します。この駆除の注意点は、大きくなった巣の駆除は大変危険となります。なので、巣が大きい場合は、専門の業者に相談したほうが良いです。